インプラント埋入手術

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。